2009年 02月 20日
2009年 デジタルフォト3月号 dpC1(digital photo contest class1)部門 入賞
応募総数 2897点


b0061343_21515469.jpg


題名 「希望の光」

PENTAX *ist Ds
TAMRON SP AF 28-75mmF2.8 XR Di

●プログラムAE ●絞り F2 ●シャッタースピード 1/500秒
●露出補正 なし ●ホワイトバランス 太陽光 ●感度 200
●画像補正 なし ●自宅にて撮影

●選者 萩原 史郎

●選評 指先のハイライトが白トビしていますが、むしろそれが効果的で、光の強さを感じさせてくれます。
    それに惹かれ、一心に見つめる瞳の愛らしさが、よりいっそう引き立つようです。
    白飛びさせないように、なんてこだわってたら、この一瞬の光景は失われていたかもしれません。
    それよりもシャッターチャンスを重視したことが良い結果を生みました。 


実は以前紹介していた写真だったんですが覚えてるかな?
ちょっと題名は変わりましたが光を意識した写真です
確かに白トビしなかったらなぁ・・と思いますが実際ちょっと無理な状況でした
右手のみでカメラを持ってあれやこれやと・・(笑)
一瞬って大切な時間です。。
前回もそうですが写真だけを見て撮影状況まで想像するなんて
やっぱりプロの写真家はすごい・・・脱帽です
[PR]

by sizen_jinen | 2009-02-20 21:52 | フォトコンテスト受賞作品


<< 忍者ツールって      優しさ >>